新入社員必見!女性営業職についたら気をつけるべきこと

admin   2015年8月30日   新入社員必見!女性営業職についたら気をつけるべきこと はコメントを受け付けていません。

第一印象の好感度をアップしたい!注意点とは?

営業を行う上で、気をつけなければいけない、重要なポイントの一つが、見た目です。お客様やお取引先の第一印象をいかによくするか、その決め手となるのが、見た目、つまり服装や身だしなみと言えるでしょう。アメリカの心理学者が提唱した法則に、初対面の人の第一印象は、会って3秒から5秒ほどで決まるというものがあります。また、相手の印象を決めるのは、声や話の内容などよりも、見た目が半数以上の割合を占めるとも言われています。思っている以上に、相手は、見た目で仕事を決めているかもしれませんよ。

営業前にチェック!まずは、身だしなみから

社会人として基本となる身だしなみですが、営業を行う女性は、特に気をつけなければいけません。特に、男性より厳しくチェックされやすいポイントが、清潔感です。自分では気をつけているつもりでも、チェックし忘れてしまいがちなのが、臭いでしょう。夏場の汗の臭いをはじめ、強すぎる香水も印象を悪くします。また、話す機会の多い営業職では、口臭も気をつけなければいけません。食品を扱う会社を取引先とする場合には、特に、これらに気をつけてチェックすることが必要ですよ。

女性営業に適したファッションとは?

業界や業種にもよりますが、一般的に、女性営業に適した服装といわれているのが、ジャケットに、スカートやスーツを合わせるコーディネートです。どのような相手にも良い印象を持ってもらうためには、清楚で清潔感のある服装がよいとされています。たとえば、シルエットは、サイズを間違えたような大きすぎるものではだらしない印象を与えてしまいますし、体のラインをはっきりと見せてしまうようなタイト過ぎるものでは、下品な印象を与えてしまいます。動きがとりやすい程度に余裕のあるサイズが女性営業には適したファッションと言えるでしょう。また、スカートを着用する場合には、膝丈程度がベストといえます。清潔感を感じさせるためにも、シャツなどを着用する場合には、しっかりとアイロンがけをしておくとよいでしょう。また、生足ではなく、ストッキングをはくことも忘れてはいけません。慣れてきたら、取引先の職場の雰囲気に合わせて、シックな色合いにまとめたり、華やかな色を取り入れたりして、ファッションを楽しむのもよいですよね。

女性営業の就職では、化粧品や飲食店など女性が取り扱う商品で募集しているところが多く、知識や経験があると優遇されます。