その求人本当に条件にあってる?求人情報の思わぬ罠

admin   2015年8月29日   その求人本当に条件にあってる?求人情報の思わぬ罠 はコメントを受け付けていません。

週休についての文言にも罠が

求人情報をみて、まず気になるのが休日という方も多いことでしょう。いつ休めるのか、どれくらい休めるのかなどは、仕事に取り組む上で重要な要素のひとつです。休日の書き方の罠、それは「週休二日制度」と「完全週休二日制度」の違いです。前者は、一月に一度以上二日間休める週があるというだけで、毎週二日間の休みが取れるわけではありません。一方、後者の完全週休二日制度は毎週二日間の休みが取れることを示しています。意外と知られていない事実ですので、理解しておきましょう。

社会保障制度もチェック

もうひとつ気になるのが社会保障制度です。正社員となればほとんどの企業が社会保障制度完備という記載がなされていることでしょう。しかし、一部の企業にはその文言が無いこともあります。また、アルバイトやパートタイマーなどの場合、それらの手当てが発生しないケースは非常に多いです。特に学生や主婦の方などで扶養に入っているという方は大切な事項になりますので、求人情報を確認するときには特に注意したいところですね。

わからないことは面接で質問!

求人情報に潜む罠について触れてきましたがいかがだったでしょうか?求人情報に疑問点はあっても、わざわざそのためだけに連絡を入れるというのも面倒だと考えている人も多いことでしょう。基本的に、仕事に就く前には企業の方による面接が行われます。紹介したような事項は、もしかしたらただの書き忘れというケースもありますし、実は思っていたより好条件だったということもあります。わからないことは面接で聞いて、自分にあった仕事を見つけたいものですね。

CADオペレーターとは、設計者のアシスタントとしてパソコンを使用して設計をすることをお仕事としています。