世界を視野に入れてスキルアップを狙うチャンスです

admin   2015年8月29日   世界を視野に入れてスキルアップを狙うチャンスです はコメントを受け付けていません。

成長する外食産業の特徴

日本の外食産業が新たなステージに入ってきたといわれています。少子高齢化が進む日本市場の成長に限界があることは、広く知られています。その一方、アジアの発展途上国の経済発展は著しく、今までの労働集約型産業の拠点という位置づけから市場と変化しています。その中で、日本の外食産業、特に飲食店の海外進出が、ここに来て急速に拡がりを見せています。以前は、香港、台湾、中国本土が中心でしたが、成長する東南アジアに軸足が移りつつあります。今後は、未開の市場といわれるアフリカや中南米を視野に入れる飲食業も出てくるでしょう。これらの業態は、海外市場で今後大きく発展することが予想されます。

成長する業界は人材不足で悩んでいます

このように、日本市場である程度成功を収めた飲食業界が成長する海外に目を向けるのは自然だといえるでしょう。折から、日本へのインバウンド旅行客の急増が日本の外食産業の伸びを後押ししています。すでに、多くの飲食店にとって海外からの観光客は顧客として重要な位置を占めるケースも見られます。その延長線上に海外進出を据えるのは、経営戦略として当たり前だといえます。しかし、多くの飲食業の経営者が直面しているのが人材の不足です。日本国内の店舗でのスタッフ充足率も決して十分とはいえないのが現状だそうです。今後、積極的に海外展開する際、どれだけの人材を確保できるかが勝負のカギを握ることになるでしょう。

最初はアルバイトから、そして海外での成功を視野に!

そういった観点から見ると、これらの飲食業は成長性あるいは将来性という意味で絶好の就職先だと考えられます。最初はアルバイトやパートから現場の仕事を覚え、原点を徹底的に学ぶことが基本でしょう。そして、いずれこの現場経験が役に立つはずです。現場での作業を通して、店舗運営や経営の基礎を身を持って学ぶ機会を得られるのは貴重です。しかもアルバイトとして給料をもらいながら習得できるので一挙両得だといえます。ここで、しっかりと実力を身につけることが将来のカギを握る重要なポイントです。優秀な人材が不足する業界だからこそ、企業内の人材育成に注意を払っていることが考えられます。管理職に実力を認めてもらうためにも、基礎をしっかり習得したうえで、店舗運営や経営的な視点を身につけるよう努力するべきしょう。そして、いつかアルバイトから海外へ飛躍のチャンスを得られるよう日々研鑽を続けてみてはいかがでしょう。

仙台にはたくさんの飲食店があり、アルバイトの求人も多くあります。仙台で飲食店の求人を探すなら「仙台での飲食店なら求人」で探すとたくさん見つけることができます。